新着情報・ブログ

 

 

 

おはようございます。

 

以前にも書いたか忘れてしまいましたが(下書き記事かな?どっちかな)このブログ、まだ不慣れでして、なかなか更新にてこずっておりました。文章を書くのは好きなので、書きたいと思っていたのですが、写真のアップに縮小したり、ケータイでの捜査がうまくできず・・・・という理由で怠ってしまいました。

 

 

さてさて。

私のごま畑ではごまちゃんが日に日に大きくなっていきます。

ごまは播種して2~3日で発芽すると言われています。

私の所だと綺麗に双葉が出そろうのは8日くらいかかっているように思います。そこから約10日ほどで間引きを行います。初期の頃はあまり大きくなる様子はなく小さく少しずつ成長していきます。ごまの発芽から約40日経つとごまは開花期といってお花を咲かせ、そこからは一日ごとにもの凄い速さで縦に伸びていきます。

 

先月の7月22日にごまの畑にて撮影をお願いしたのですがその様子を上げるのをすっかりと忘れていました(;^ω^)汗

できるだけ早いうちにあげておかないと、次々に成長していくので、大きくなるとつい、今の様子を載せてしまいたくなってしまうので・・・

 

 

 

 

ちょっと光の加減で水らくなってしまっているのですが、

これはごまの畑です。

大柄の私が、小さく見えてしまうくらい、ごまちゃんが大きいです。

この畑は去年も作付けした連作2年目の畑です。もともと10年以上作付けしていなかった畑であり、その前も桑の木が一面あったので、ほんとに農薬ゼロな畑です。桑の畑の後は土がフカフカしているということを聞いたことがありました。そのせいか、去年のごまちゃんはとてもとても立派に成長してくれました。そして今年も。

初期成育はいいとは言えないのですが、それを忘れてしまうくらいよく育ってくれています。ほんと、ごまちゃんの頑張りに、そして、土に、そして、虫に、訪れる鳥に感謝です。

 

これは開花期頃にみることのできるごまの花です。

花にも色々種類がありますが私の畑は薄ピンク色です。

 

 

下から順々に花をさかせていきます。

これはごまの花の蕾です。

 

ごまの花が咲いた後は種の入った鞘をつけます。

ほら^^

これはまだ生身のごまで皮がありません。

もう少し時間がたつとしっかりとした金色の皮を成型していきます。

 

 

これはさっきの去年作付けした畑の別の角度で撮影いただいた写真です。私の腰の位置あたりの大きさですね。今では2mくらいのものや、160㎝くらいのものも。このまだまだ小さいころも、みんな可愛いです。写真を見て振り返ると、なんだかあの頃の愛おしさが蘇りますね・・・

 

 

 

この畑でも、連作は続けていきたいと思っています。

不具合が起こらない限り・・・・私の自然栽培の先生方はみんな連作障害は、肥料障害、という風な言い方をされていますね。世間的にはある一定の菌だけが土壌にのこることから、バランスが崩れ病気などが発生するとも言っていますね。さてどうなのでしょう。

また、九州や長野では連作を可能としている方々も沢山います。

連作起こりにくくするための対策もあります。

葉物や麦を植えてみたりマメ科も良いとか。

ごま畑の後によく育つと言われている根菜類にもトライしてみたいです。・・・こう聞くとどの作物植えても良いように聞こえてしまうのですが・・・^^;