新着情報・ブログ

 

 

おはようございます。

 

 

ごまの播種がはじまりました。

予定よりも播種が遅れていますが、とにかく、はじまって、播種できてよかったです。これから何度も分けて播種していきますよ。今回、5月頭の雨がよく効いていてしっかり土に保持されているおかげで綺麗に発芽してくれそうです。

 

先日、ごまの播種実験をしましたが、やはり、適度な水が必要だということが分かりました。

発芽後は、ごまはひたすら水は切った方が根の発達、ごまの生育に良い=収穫量も多くなり、良い実がとれる

という風に考えていますが、発芽には多少の水が必要なんだと、よく、分かりました。ごま自身、とても表面にある皮が厚いのです。人間が消化吸収をよくするために焙煎を行います。それは、熱で焙煎し火を通すことでごま自身が膨らみ皮を破ります。それと似たようなものです。なかなかそれ単体では発芽しないので水で少し柔らかくしないといけないのですね。皮は水をよく吸収する性質となっています。恐らく、少量の水でも吸収して発芽に役立てるのだと思います。

 

 

 

 

暑さに負けないように。

自分に負けないように。

一年に一度のごまちゃんを大切にしたいです。

作業がんばります。

 

 

ではでは。

今日も一日になりますようにー^O