新着情報・ブログ

 

こんばんは。

 

1月あたりから「洗いごま」の製造をしていました。洗いごまはごまを鞘から叩いてごまの粒を取り出したあと(脱穀)、ふるい選別、風力選別(唐箕)、洗浄などの工程を経て、選別されていきます。

ちなみに選別とは鞘の中からごまの中にあるごまの葉や茎、砂の塊などを取り除く作業のことを言います。

 

ある時、いつもお世話になっているごまメーカーの方との余談話で
「外国産ごまは現地で大型の機械等で選別され、日本へ輸入された後にもう一度各工場で選別されている」ということを知りました。

何社かのごま工場見学をしたことがありましたが
日本のごま工場ですら、私達農家がやるごま選別の工程の数と比べたら多く、機械の制度も高いので、衝撃がはんぱありませんでした!
びっくり仰天。そうだんだーーー!!!!!

だから外国産ごまはあんなにきれいなんだぁと。

 

外国で栽培されているごまなんて、規模もどーんと大きいですから
そりゃ立派な機械もそろっているのだろうと、想像を膨らませました。
となると“私の選別工程の数は少ないのでは?足りないのでは?”
と頭によぎりました

それから、色々試行錯誤して
新しい機械を入れることはできないので、現状ある機械をつかって

選別の工程を加えるなど
色々試行錯誤しました・・・・・

そうしたら!

なんとピンセットを使わなくても製品レベルの選別ができるようになりました✨✨

興奮!!!!!!興奮興奮!!!
3年間苦労しただけに嬉しさがこみ上げて仕方がありませんでした!!!!!!

 

 

国産ごまは選別が大変で栽培されなくなったといっても過言ではないほど

とても選別に苦労する作物です。

それができるようになった!というのであれば

革命のような出来事ですね✨

確信となるまでもう少し繰り返し試していきたいと思いますが、そうなる日も近いと思います✨