新着情報・ブログ

 

今年から、製品 ごま の製造でラベルシール貼りをうちの会社にあるB型障碍者の施設の子たちが手伝ってくれることになりました。彼らはごまの収穫や収穫後の作業も沢山、手伝って頂きました。職員さんが「全員はきっちりできないから、選んでやれる人がやるようだな」って言ったもんだから、あの子とあの子かなといつも選出される男の子3人が浮かびました。

しかし、違いました。
どちらかというと(他と比べると)あまり仕事ができない子と言われている女の子だったのです。

とても丁寧に貼ってくれていました。

まさか、あの子が貼ってくれたんだ!なんて、とても失礼ですが思っていました。
シールを貼るのが好きで進んで仕事をやってくれていると職員さんが教えてくれました。

その子は私のことが大好きで(笑)、今年の夏もごまの仕事も進んでやってくれていました。
けれども、
集団で仕事となると、そのペースからは、おいてかれてしまって
一人別の仕事に変えられてしまうことが多々。。。

本当は やりたい ていうのを知っていたから
仕方ないのも分かるけど、なんだか私も心苦しかったです。

そんな中、
得意が見つかった シール貼り 。

まだまだ、やりはじめなので
斜めになってしまうものもあるし、
ロスをだしてしまうこともあります。
けど
上手になる素質があって
意欲があって、
楽しんでやってくれています。
それが、何よりも私が嬉しかったです。

成長してほしいから
成長できる環境をつくりたいと思いました。
だれでもやり始めは、失敗するもので
失敗をして上達していくもの
それは 障害 が ある ない ではなく一般的なものだと思います。私自身、とても不器用です。

直営店で取り組みを説明して わけあり品 にしたりすれば
シールも張り付けてしまった袋も捨てなくて済むし
応援することが私も無理をするのでなく、心から応援することができる

ということで最近はごまの仕事を少しずつ
みんなで割り振れるようなってきました
みんなで頑張っていきたいと思います。

これから始まる取り組みを
いきなり投稿するのをどうかと思ったのですが

「シール貼るの上手だね!これからもお願いしたいな♪」

って話をしたときに

「もちろん!」

っていった女の子の笑顔が嬉しくて嬉しくてたまらなかったので
つい書いてしまいました。

まだまだ未熟な香純の国産ですが
少しずつ、少しずつでも成長していけるよう頑張ります。
今回のような自分の得意がみつかった彼女を一緒に応援していただけたら嬉しいです。応援してあげたいんです。必ず、もっともっと上手になりますよ。きっと。

よろしくお願いします。